突撃!風俗鑑定団が行く!

突撃 風俗鑑定団が行く!

フーゾクといえば学園系という時代があったくらい男は学園が大好き。つまりはJK制服を来ている女子のことが好きなんですね。そういうことを口に出して言うと社会的信用を失う、という方は手を挙げてください。素敵なお店を紹介しちゃいましょう。







PC:http://nishikawaguchi-cos.jp/

携帯:http://mobi.nishikawaguchi-cos.jp/

スマホ:http://sm.nishikawaguchi-cos.jp/

西川口 イメクラ
秋葉原コスプレ学園in西川口
TEL:048-240-2325

 

お店のページへBinBinwebへ

 

西川口にあるイメクラ「秋葉原コスプレ学園in西川口」は、都内大手風俗グループが、西川口でプロデュースする店舗型風俗店。一度でも遊んだことがある方は、在籍女子のレベルの高さについてはご存知のことでしょう。「恋人コース」「痴漢コース」「夜這いコース」と、設置されている3つのイメージに合わせて用意されているコスチュームは、鉄板のセーラー服のほか、アイドルコスプレ、体操着、スク水、ビキニなど、すべてが本格的。青春時代のボクたちが叶えられなかった夢に豪華な華を添えてくれるのです。さてさて、今回はどんな女の子が登場してくれるのでしょう?

 

あすか(19歳) T156 B85(D) W58 H84

 

↑アンケートはクリックで大きく表示されるぞ!!!

 

鑑定員「なんだ、このカワイイ女子は?」


あすか「あすかです。本日はよろしくお願いいたします」

 


鑑定員「あすかさんがお店に入ったきっかけは?」


あすか「乃●坂の制服が着られるので、ここいいな、と(笑)」


鑑定員「アイドルコスプレがなかったら風俗嬢になっていなかった?」


あすか「なっていなかったと思います」


鑑定員「アイドルコスプレを着る機会なんてほかにないですものね」


あすか「そうなんです。とくに乃●坂が着たかったんです」


鑑定員「女の子をそこまで惹き付けるアイドルの魅力というのはなんなのでしょう?制服が可愛いから好きなの?乃●坂自体が好きなの?」


あすか「乃●坂自体が好きなんです。だから制服も好きになります」


鑑定員「乃●坂の魅力はなんですか?」


あすか「顔面偏差値の高さ?」

 

鑑定員「とくに誰が好きなんですか?」


あすか「斎藤●鳥さん♪」

 

鑑定員「女の子が女の子のアイドルを好きになるというのは、「私もこういうい風になりたい」というものですか?それとも「私はこの人と付き合ってみたい」というものですか?」


あすか「どちらでもないですね。ただ眺めていたいんです。眺めているだけで癒されるんです」


鑑定員「癒されるということは、キャラも含めてということですね」


あすか「そういうことです」

 

「単純に乃●坂のコスチュームが着たかったんです」

 


鑑定員「斎藤●鳥さんが誰かと交際しているという報道が流れたらショックですか?」


あすか「ショックです」


鑑定員「それは恋愛感情からですか?」


あすか「違います。ここまで応援してお金をかけたのに、あれ?みたいな(笑)」

 

鑑定員「アイドルはアイドルでなくてはいけないのですね。フードルもフードルでなくてはいけないように」


あすか「そうなんですか?(笑)」


鑑定員「ちなみに好きな男性タレントもいるのですか?」


あすか「吉●亮さん。映画を観てカッコいいと思いました」

 

鑑定員「吉●亮さんにもお金をかけているの?」


あすか「かけていません(笑)」

 

鑑定員「斎藤●鳥さんと吉●亮さんのどちらかを選べといわれたらどっちを取ります?」

 

あすか「いやあ…迷うなあ。吉●さんかな。アハハ」

 

鑑定員「やっぱり男なんかい!」

 

男子禁制の教室で着替えるJKあすかのイメージカット3連発【その1】

【その2】

【その3】

 

鑑定員「アイドル以外に好きな物はなんですか?」


あすか「ゲームとアニメです。ゲームの話はお客さんとよくします」

 

鑑定員「今はどんなゲームが好きなの?」

 

あすか「マインクラフトです。ひたすら建築していくゲームです。丸3日間寝ずにやり続けたことがあります」

 

鑑定員「24時間×3ですか?」

 

あすか「はい(笑)」

 

「高校時代は処女でした。男性経験人数は2人。相手はどちらもカレシでした」

 

 

鑑定員「今は週に何回出勤しているのですか?」


あすか「週3ぐらいですね」

 

鑑定員「時間帯は?」

 

あすか「遅番が多いです。本業は学生ですので」

 

鑑定員「初体験は19歳ということですが」

 

あすか「お店に入るちょっと前のことです(笑)」

 

鑑定員「付き合ってどれくらい経った頃だったのかな?」


あすか「1ヶ月ぐらいです」

 

鑑定員「JK時代は処女だったということですか?」

 

あすか「そうです。女子校だったので」

 

鑑定員「カレシは欲しかった?」

 

あすか「いいえ。周りもいなかったので、いなくてもいいかなっていう感じでした」

 

鑑定員「どんなJKだったのかな?」


あすか「1人ではしゃいでいました。しょっちゅう転んでいる子(笑)」

 

鑑定員「廊下とかで?」

 

あすか「廊下でも教室でも。この前お店の前で転びました」

 

鑑定員「変わっていないのですね」

 

あすか「はい。前しか見ていないんです。周りを見ないからモノがあっても気がつかないんです(笑)」

 

 

 

鑑定員「お店で嬉しいと感じる時はどんな時ですか?」


あすか「最近嬉しかったことは、新人の時に付いたお客さまが半年ぶりに地方から指名で来てくれた時ですね」

 

鑑定員「わざわざ地方から?」

 

あすか「嬉しかったですね」

 

鑑定員「指名が返ってくるというのはやはり嬉しいことですか?」

 

あすか「はい。またあすかちゃんと遊びたいと言ってくれるだけで嬉しいですね」

 

鑑定員「求められていることが嬉しい?」


あすか「お兄さんのことをまた1つ知れたということが嬉しいんです。ちょっとの時間でしか喋れなかったことが、次来てくれるともっと話せるようになっていることが嬉しくて」

 

鑑定員「お話する時間もそんなにないですものね?何分コースが多いのですか?」

 

あすか「75分コースが一番多いかな」

 

鑑定員「ヘルスで75分コースが多いとは人気姫の証ですね。よっぽど一緒にいて楽しいのでしょうね。あすかちゃんの魅力はズバリなんでしょう?」

 

あすか「う〜ん。わかりません。褒めていだだけるのは『笑顔がいいって』言われます」

 

鑑定員「プレイ中はどんなことを考えてやっているのですか?」


あすか「正直素人なので、どこが気持ちいいのかとはお兄さんに聞かないとわからないんです。気持ちいいポイントは人それぞれなので。前後の会話があってフレンドリーになっているからそういうことも聞けるんです」

 

鑑定員「なるほど。だから会話が重要なのですね」

 

あすか「相手を知るためにお話をするんです。仲良しになるために。『恋人コース』が多いので、相手のことを知らなければいけないじゃないですか。こういうのが好き、だとか」

「一番気持ちいいポイントはオッパイです。やさしく触られると恥ずかしいくらい濡れちゃいます」

 

鑑定員「コスチュームはアイドルコスプレ以外にあるのですよね?」

 

あすか「はい♪制服のほかにスクール水着や体操服もあります。ブルマは一度も穿いたことなかったので『おおっ』ってなりました。こんなパツパツなのかって(笑)」

 

鑑定員「なにがパツパツだって?」

 

あすか「お尻が(笑)日替わりコスチュームのマイクロビキニが一番ヤバいです」

 

鑑定員「どうでした?」

 

あすか「ハミ出しました」

 

鑑定員「どこが?」

 

あすか「すべてです(笑)特にピンク色はとてもハミ出ます」

 

「お兄さんのことをもっともっと知りたいんです」

 

お客さんが指名で返ってきてくれた時に嬉しく思える理由は「これでまた1つ相手のことを知ることができるから」彼女の魅力はこの一言に集約されているのではないかと思います。垂れ目がちの大きな目をくしゃくしゃにして笑うあすかちゃんに、元気をもらってみてはいかがでしょうか。

 

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね~!

つづく

 

西川口 イメクラ

秋葉原コスプレ学園in西川口
あすか(19歳)
T156 B85(D) W58 H84
TEL:048-240-2325

 

PC:http://nishikawaguchi-cos.jp/

携帯:http://mobi.nishikawaguchi-cos.jp/

スマホ:http://sm.nishikawaguchi-cos.jp/

お店のページへBinBinwebへ

次回更新は、10月25日更新予定です!!
お楽しみに!

  1. あすか(19歳)
  2. T156 B85(D) W58 H84
  3. 秋葉原コスプレ学園in西川口
  4. http://nishikawaguchi-cos.jp/

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ビンビンウェブ トップページに戻る