突撃!風俗鑑定団が行く!

突撃 風俗鑑定団が行く!

どうもこうジメジメした気候になってくると疲労感が増しますよね。身も心もすっきりできる場所を探しているアニキも多いのではないでしょうか?もちろん美女が隣にいるお店です!今回行って来たお店はこちら。







PC:https://star-group.co.jp/service/kaishun/saitama/

スマホ:https://star-group.co.jp/service/kaishun/saitama/

大宮 エステ
埼玉回春性感マッサージ倶楽部
TEL:048-650-5569

お店のページへBinBinwebへ

 

大宮発の「埼玉回春性感マッサージ倶楽部」は、体の疲れと性欲とをどちらも吹き飛ばすことができる風俗エステ。顔面騎乗プレイを始めとする密着度満点の完成されたサービスは他の追随を許さないレベルにまで到達しております。なんといっても同店の特長は女性のレベルの高さ。今回登場していただくエステティシャンも超ハイレベルであります!それでは登場していただきましょう!

はな(24歳) T155 B90(E) W58 H89

 

↑アンケートはクリックで大きく表示されるぞ!!!


鑑定員「ホームページの在籍写真で派手な下着を着けていますね」


はな「あれは撮影用に買ったもので、封印しています」


鑑定員「封印とは?」


はな「なんかもったいなくて普段使いできないんですよ」


鑑定員「下着好きな子ってエロい子が多いですよね?」


はな「んふふ」


鑑定員「下着を買い替えることって自己満足なのですか?それとも相手に見せて喜んでほしいという気持ちなのですか?」


はな「う〜ん、半々よりちょっと自己満足のほうが強いのかなあ」

パンストと股間ってどうしてこんなにエロいのでしょうか?


鑑定員「せっかく新しい下着を着けてベッドに臨んでいるのに、相手が下着についてノーコメントで、スカートと下着を一気にズリ下ろしてきたら、ムカっとくるものですか?」


はな「ムカっとは来ないですけど、あ〜あって思うかな。ちょっと悲しい」


鑑定員「そういう経験はあります?」


はな「はい(笑)」


鑑定員「そういう瞬間、相手の評価落ちますよね?」


はな「一瞬ね(笑)」

 

鑑定員「その後のエッチがよければ許されるのか」


はな「んふふ」

 

Eカップの柔らかオッパイ!


鑑定員「下着はどのくらいの間隔で買うんですか?」


はな「カワイイと思うのがあってサイズが合えば時期に関係なく買います」

 

鑑定員「ショップ?ネット?」


はな「ショップです」

 

鑑定員「年間に何着ぐらい買うの?」

 

はな「この仕事を始める前は年間20着ぐらい、この仕事を始めてからはその倍くらい買っているかな」

 

鑑定員「その日着ける下着はどうやって決めるのですか?服装との関係?」

 

はな「そうですね」

 

鑑定員「これは男性としての意見なのですが、服装との関係といっても下着はキホン見えないじゃないですか?」


はな「色彩やコーデというよりも、トップスに対して盛りブラなのか抑えて見えるブラなのか、という考え方かな。例えば冬場のタートルネックのときは盛れていたほうが可愛く見える、とか。TPOでも使い分けます」

 

鑑定員「デートの約束がある日なのか、保護者会に出席する日なのか、で盛り方が変わるのですね」

 

はな「私は保護者会に出席しませんけど、まあそういうことです」

 

鑑定員「盛りブラは男性目線への意識、抑えブラは女性目線への意識?」

 

はな「どちらかといえば逆かな。男性相手の時のほうがあまり目立たない服を着ることが多かったです」

 

鑑定員「どうして?」

 

はな「見られるのが恥ずかしいから。コンプレックスだったんです」

 

 

鑑定員「胸が大きいことがコンプレックス?」

 

はな「はい。ずっとイヤでした」


鑑定員「見られることが?」

 

はな「たとえばスポーツブラからホックブラに変える時期があるのですが、小6の時に私だけホックブラ他の子より早かったんです。胸の話題には触れてほしくないと思いながら過ごしていたことを覚えています」


鑑定員「思春期だと気になりますものね」

「下着好きです。気に入った下着を見つけたら迷わず買います」

 


鑑定員「初体験は?」

 

はな「15歳の時です。好きだった先輩と」

 

鑑定員「先輩はカレシになったの?」

 

はな「はい。1年くらい続きました」

 

鑑定員「今までのカレシの数は3名ですよね?1人と付き合うと長いのかな?」

 

はな「そんなことないです。最長で1年です」

 

鑑定員「最長で1年。長持ちしない理由は?」

 

はな「私が飽きっぽいんです。『もういいかな』っていう態度を私が取っているうちにフラれるというパターンです」


鑑定員「実質はフっているんでしょう?」

 

はな「んふふ」

「オッパイが大きいことはずっとコンプレックスでした」


鑑定員「回春性感というお店のコンセプトには向いていると思われますか?」

 

はな「向いていると思います」

 

鑑定員「どういうところが?」

 

はな「ゆっくりとサービスをしていくところと、お客さんが癒しを求めているというところと両方です」


鑑定員「そのムチムチした身体も向いていますよね。密着されたらたまらんだろうな〜」

 

はな「んふふ。身体の使えるところは全部使っています」

 

鑑定員「仰向けになって性感タイムが始まった時ってお客さんと目を合わせるものなのですか?」

 

はな「目が開いている人とは合わせます。目をつむっている人もいるので」


鑑定員「開いている人とつむっている人、どっちが多いのですか?」

 

はな「ブラを外した途端、みんな目を開けますね(笑)」

 

鑑定員「みんな、はなちゃんのオッパイが見たいんだ」

 

はな「んふふ」

 


鑑定員「自分がエッチだと思う理由は、街中の男のヒトを見ちゃうところ?」

 

はな「はい。とくにこの仕事を始めてからは、『この人のって、ここにあるのかな?』とか想像しちゃう。」

 

鑑定員「チ◯コを見ているんかい!」

 

はな「他に見る所あります(笑)?」


鑑定員「どういうシチュエーションで?」

 

はな「電車で座っている時に、前に男性がズラリと立っている時とか。『どっち寄りなのかな?』『おっきいのかな?』とか(笑)」

 

鑑定員「そんなこと考えているの?」

 

はな「意外とみんなそんなものですって」

 

「オナニー用の道具はいろいろ持っています(笑)」


鑑定員「オナニーはしますか?」

 

はな「道具はたくさん持っていますよ(笑)」

 

鑑定員「アダルトショップで買うの?」

 

はな「見には行きますけど、恥ずかしくてレジに持って行く勇気はないです(笑)チェックだけして、ネットで購入します」


鑑定員「いつから道具にハマったの?」

 

はな「ハマっているとは思っていないですけど、使いだしたのは20歳頃かな。エッチの時に使われたことがきっかけです。『これは自分用のが欲しい』と思いました(笑)」

 

鑑定員「一番のお気に入りの道具は何?」

 

はな「プラスチック製ではなくシリコン製のバイブ。充電式の(笑)ハマることが心配。男要らずになってしまいそうで」

 

鑑定員「そう思うということは、もう片足突っ込んでいるということじゃないですか?」

 

はな「そんなこと言わないで(笑)」

 

巨乳で美人でお洒落で性格も良し。そして自分でも認めるむっつりスケベちゃん。彼女と遊んだことのある男性のほとんどの『こんな子に会いたかった』と感じたのではないかと思われます。出勤はそれほど多くないようですので、HPの出勤予定表を要チェックしておいてください!

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね~!

つづく

大宮 エステ

埼玉回春性感マッサージ倶楽部
はな(24歳)
T155 B90(E) W58 H89
TEL:048-650-5569

 

PC:https://star-group.co.jp/service/kaishun/saitama/

スマホ:https://star-group.co.jp/service/kaishun/saitama/

お店のページへBinBinwebへ


次回更新は、6月25日更新予定です!!
お楽しみに!

  1. はな(24歳)
  2. T155 B90(E) W58 H89
  3. 埼玉回春性感マッサージ倶楽部
  4. https://star-group.co.jp/service/kaishun/saitama/

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ビンビンウェブ トップページに戻る